スキンケア一つで肌質改善

私は今まで化粧を落とす事に関してあんまり重要だと思っていませんでした。
肌がとても荒れやすいので、オイルクレンジングにしていたのをミルククレンジングに替えたりと色々なクレンジングを試してきました。

オイルクレンジングはとても落ちるけど、落とした後のベタつきが嫌でミルククレンジングは化粧が落ちてなかったりとハッキリ分かるぐらいだったのでやめました。

そしてクレンジングを見直す事になったきっかけは美顔器を購入した事です。
美顔器を欲しいとは思いながらも、そんなに肌が変わるのかなと思っていました。
化粧をしてる時はスチームをあてながらクレンジングをするのですが、クレンジングもリキッドクレンジングに替えてからは肌の調子がとても良くなったのです。

リキッドクレンジングは落としてもベタつく事なく、綺麗に落ちるのでとても私好みです。
スチームをあてる事によって、毛穴の汚れも落としてくれるので以前はニキビに悩まされていた肌もそんなに出来る事もなくなりました。

スキンケアでとても参考になったのは肌 ぼこぼこというサイトです。
スキンケアの方法や美肌の作り方、それに美顔器についても書いてあってためになりました。

美顔器をする事でこんなにも肌質が変わるのならば、もう少し早くから美顔器を買えばよかったなと思いました。
お風呂で浸かりながらもいいと雑誌で書いてあった意味がやっとわかりました。

美顔器が家に来てからは大活躍して、化粧落としだけではなく化粧水をたっぷりつけたマスクをしてスチームをあてた次の日はお肌がもちもちで化粧のノリもよくなりました。

私は全体的にスキンケアにあんまり時間をかける事がありませんでした。
寧ろ、スキンケアに時間をかけて肌質がわかりやすくかわるのかと疑問に思っていました。
ですが、実際スキンケアに時間をかけてみて全然肌質が変わるのが実感出来ました。
いちご鼻になっていた鼻も何度もパックしてと繰り返していましたが、最近ではそんな事をしなくてもとても綺麗に毛穴が目立たなくなりました。
気になっていた悩みがどんどん改善してくれるのが嬉しくて、スキンケアは本当に大事なんだと感じました。
どんなに高い化粧品を使っていても、基本のスキンケアをちゃんとしとかないと肌はちゃんと出てくる事を知りました。

 

毎朝のスムージ―が健康習慣です

一時、女子の中で流行ったスムージー。当時、楽天などでバカ売れしていたスムージーを私ももれなく買いました。だけども、ジュースのようなその甘さで、なんだか身体に良いのかどうかわからず、ファッションのようにすぐに飽きてしまったものです。

そんなある時に、私が体調を崩した時、友人が生のブロッコリーと人参が身体に良いよっと教えてくれたことがきっかけで、毎朝、手作りスムージ―を始めることに。最初はブロッコリーと人参を入れてジューサーで作ってみることに。すると、まー、ドロドロとして青臭くてとても美味しいとは思えないのです。

それでは少し甘いものを入れてはどうかとフルーツを探して、バナナを入れてみることに。バナナの風味がブロッコリーと人参の青臭さが消されて飲みやすい味に。しかし、ドロッとした食感は相変わらず。そこで、ミネラルウォーターと少量の100%ジュースを入れてみることにしました。ミネラルウォーターを多めにすることで、ジュースのようなさらっと感が出るようになり、「美味しいね」と言えるように。

これで、我が家のスムージ―の基本形が確立されたのです。その基本を元に、小松菜やキャベツ、ホウレンソウなどの葉物を入れたり、オレンジやグレープフルーツ、キウイなど一年中あるフルーツや、メロンやイチゴなど季節のフルーツを入れてみたり。冷凍のブルーベリーやマンゴーもとても活躍します。

その他にも、毎日欠かさず入れるのは、無糖ヨーグルトとゴマ。ゴマは、その日の野菜やフルーツによって、白ゴマか黒ゴマかを選んで入れています。

はっきり言ってゴマの選定は私の直観です。私が体調不良で作れない時、私が不在の時は、家族の誰かが自分でスムージーを作って飲んでから仕事に行っています。

一見、スムージ―のために野菜やフルーツを沢山買うのは家計に優しくないように思えますが、一回のスムージ―で使う野菜やフルーツの量は二人家族だと本当に少量です。なので、ブロッコリーひと房で一週間、人参も一日3分の1程度。他のフルーツも一個買うと2~3日使えるので、案外食費を圧迫しないのです。ただそれだけでは野菜不足かなと思う時は、スムージーに市販の青汁を混ぜて飲んでいます。

朝から、家族と自分のためにひと手間かけてスムージーを作って一緒に飲む。その習慣が私にとっての健康習慣。

最近はインスタグラムにもとっても可愛いスムージーの投稿がたくさんあり、とても参考になります。とってもおすすめの健康習慣です。

 

睡眠と排出を心掛ける生活

私が日々の習慣として心掛けていることが2つあります。

まずは睡眠です。

夜はきちんと寝られるように昼間のうちに如何に用事を夕方以降に持ち越さないかがメインテーマになっています。

私は在宅ワークなので、仕事量を増やせば必然的に収入も増えるスタイルです。

だからこそ睡眠を削ってでも仕事に集中してしまう時期がありました。

でも、その場合にはなんとなく身体にだるさを感じて、能率が上がらないのです。

既に踏ん張りの利かない年齢だったので、とにかく夜には休息できるように日中を過ごさなければならないと自分に課しました。

もちろん主婦なので家事もそこそこのボリュームです。

仕事の内容を考えながら時には家事との同時進行、時には家事は明日に持ち越して仕事オンリー。

夕食の片付けを20時過ぎに終えたらオフモードに切り替えて、読書やストレッチの時間に。

その後、22時には入眠できるようにしています。

朝は5時ごろに目覚めるのですが、6時ごろまではベッドの中でゴロゴロしながら色々なことを考えたり、その日の予定を組み立てたりするのが常。

このペースできちんと休息を確保していると、身体に無理が生じない為かダルさを感じることも体調を崩すこともありません。

夏場の暑い時期には昼食後に昼寝の時間を取ることも。

身体が休息を欲した時に如何に素早く対処できるかがその後の体調に大きく係わってくるようです。

次に排出です。

特に排便がスムーズだと身体が軽く感じられて、気持ちまで軽やかになる私。

可能な限り、午前中に排便を済ませたいと考えているので、そのために注意していることもあります。

例えば、起きてから朝食を食べるまでに温かい飲み物をゆっくりと飲みます。

お腹を温めると身体が目覚め、排便リズムのスイッチが入りやすくなる気がするからです。

また、朝ご飯は軽めにご飯、汁物、野菜のメニュー。

以前は朝ご飯を抜いていた時期もありました。

これはこれで体重コントロールには有効的だったと思いますが、排出リズムが掴み辛いというデメリットを感じたので止めた経緯があります。

今は軽く欠かさず食べて、排便を確実にするのが一番快適です。

この2つのポイントを心掛け、今のところはとても健康的な生活を送っています。

 

窓拭きがどんどんスピーディになっていった話

わたしが最近楽しいと感じたのは窓拭きです”^_^”

窓拭きが楽しいなんて何を言っているんだろうと思われてしまいそうですが、まず窓拭きって面倒だなぁというところから始まりませんか?

掃除の中でも時間と体力を使うので大変な部類に入るのではという自覚があってわたしはちょっと好きではないんです。

そのため、窓拭きをするのは年に数回しかありません。でも暖かくなってきて窓を開けることが増えてくると、汚い網戸から汚れた空気が部屋に入ってくるような気がしてもやもやした気分になるんですよね。

それで半ばいやいやながら窓拭きを始める…というのがいつものパターンです(^^ゞ

最初のうちはいやいややっているせいで手際も悪いのですが、やっていくうちにここの窓から拭いたら早いとか、ここを半分動かしておくとスムーズだなどとコツが掴めてきます。

本当ならそのベストなやり方を覚えておけばいいのですが、何せたまにしかやらない掃除なので次にやる頃にはすっかり忘れていて…。やりながらそうだったああだったと思い出していき、どんどんスピーディになっていくうちにおもしろくなってくるんです。

キレイになっていく窓を見るのも幸せですし、それ以上に素早く動けるようになっていく自分が何だか愉快で…”^_^”

窓拭きは全身運動にもなって終わる頃にはじんわりと汗をかいています。そこで全身着替えると汗も汚れもからだから離れてよけいにさっぱりできます。

楽しいという感情は爽快さからも得られることが多く、わたしの場合は普段あまりからだを動かす機会が少ないので窓拭きからその気持ちよさを与えてもらっているんです。

さらに、拭いている時以上に吹き終わった後のキレイになった窓を見ると「やってよかった!」と嬉しくてウキウキした気分になります!窓がキレイになると部屋の空気だけではなく部屋が日差しをたくさん取り込んで明るくなるんですよね。

そのおかげで気分まで明るくなるので、面倒だなと毛嫌いしている方にはぜひ気分転換におすすめしたいです(*^_^*)

 

ファンデーションはちゃんと調べて選ぼう

10代までは、どの化粧品を使っても肌自体が綺麗なので特に気にもなりませんでした。

しかし、20代半ばを過ぎると急に肌もぼろぼろになってきました。

30を過ぎてしまい本格的にお肌にいいファンデーションを探しはじめました。

若い頃、化粧をしたまま寝てしまったり、夜遅くまで遊んでいたり、好きなものを好きな時間に好きなだけ食べていた付けが回ってきたのかお肌がぼろぼろです。

今までは薬局などで売られている安いファンデーションを使っていましたが今ではそうもいきません。しっかりと自分にあったファンデーションをつけなければ付けている意味がなく逆に何度も厚塗りをしてしまいお肌を傷つけてしまうのです(^ ^)

さっそくネットでしらみつぶしにお肌にいいファンデーションをしらべました。そして何故か50代の美肌のためのファンデーションを紹介しているサイトに出会い、そこで紹介されていた幾つかのファンデーションを試してみました。まずは、自分の肌の質を知る事です(^ ^)私の場合乾燥肌だったので、乾燥肌に合う商品を選びました。

その中の試したファンデーションのうちの一つが大正解で、時間が経ってもファンデーションが浮いてきたり、落ちてきたりする事もなく化粧直しもせずに1日は過ごせます。お肌の調子もかなりいいんですよね。

また、ファンデーションだけではなく、ファンデーションを引き立たせる下地もしっかりと自分に合うものを選ぶ事が大事です(^ ^)

下地があってのファンデーションです。なので、時間をかけて選んでいく事は大事です。

また、ファンデーションを使うときのパフなどにも私は気を付けています。

パフには見えない雑菌がたくさん付いています。そのままファンデーションなどつけてしまうと、雑菌を顔に塗り広げているのと一緒でせっかくのファンデーションが台無しです。こまめに買い換えるかまたは洗浄し綺麗なパフを使う事をお勧めします(^ ^)

私は今のファンデーションに出会う前までは、事あるごとに化粧直しをしていました。ほって置くと鼻からはファンデーションの油が浮いてきたり、頬がカサカサになっていたりと悲惨でした。

今では自分の肌をしり、自分にあったファンデーションに出会えて良かったです。これから歳を重ねるごとによって色々と自分にあったものを探していきたいと思います。

 

30歳を過ぎてから特に気を付けていること

私は正直、20代の頃は肌の悩みはありませんでした。

特に念入りに肌のお手入れなどをしなくても、肌の状態が悪化することはなかったからです。

そして、30歳の時に出産をしたのですが、授乳をしている頃から、これまでのお手入れだけでは肌の状態が悪化する一方でした。

具体的には、寝不足だとすぐにクマができ、顔全体がくすんで見えるようになりました。そして、顔のあちこちにシミが目立ち始めました。

さらには、毛穴の開きや黒ずみもあり、すっぴんでは表に出られなくなってしまいました(;´Д`)

とはいえ、子供がまだ小さいこともあり、これまで以上に美容にかける時間は少なくなっていました。

オールインワンジェルなど、コスパの高い化粧品を使っていましたが、一向に肌の状態が良くなることはありませんでした。

普段の生活でも、運動不足や睡眠不足が続いており、その頃の肌年齢は今現在よりもはるかに上だったと思います。

そんな中、私に出来ることと言ったら、普段の生活の中での習慣だったり、これ以上肌の状態が悪化しないように気を付けることくらいでした。

まずは、一番身近な食生活を整えることにしました。肌にも体にも良いとされるものは、色々と試すようになりました。

中でも、水をたくさん飲むようにしたことや、乳酸菌を多く取り入れるようになってからはお通じが改善され、体がスッキリするようになったのに加え、肌が荒れにくくなりました。

そして、食事だけでは不足しがちなビタミン類は、サプリメントで摂取するようにしました。

また、美白化粧品を使い、週に2回の保湿パックをするようにしたところ、肌が柔らかくなってきました(#^.^#)

テレビや雑誌でも、美容関係のものを見て情報収集し、普段の生活に取り入れられるものは積極的に取り入れるようにしています。

毛穴の状態やシミに関しては、20代の頃に比べるとまだまだ問題はあると思いますが、お手入れをした分、肌はそれに応えてくれているように感じます。

 

外側からも内側からも美肌作り

美肌は体の外側と中側と両方によって作られてると、私は思っています。

外側からの方は、お金を出せばきりがないと思うし、なにせ現実的に日々出来ないことには意味がないですよね。

私が実践しているのは、まず肌の負担を減らすために、化粧しないで肌を休ませる時間をなるべく取ることです。それから、これは美肌の祖母直伝なのですが、ビタミンCとEとヒアルロン酸が入ったハンドクリームを夜のまったりタイムに顔や手指に塗ることです。値段もお手頃でのびも良く、べたつきもないので気に入ってます。

化粧をした時のメイクオフも気をつけています。クレンジングも大事ですが、私が一番気をつけているのは拭き取り化粧水を使った拭き取りです。洗顔だけではどうしても落としきれない毛穴の奥の汚れをスッキリキレイにすることを心がけています。拭き取り化粧水は色々種類がありますが、「拭き取り化粧水ランキング」というサイトのオススメの拭き取り化粧水は非常にキレイにメイクオフできます。拭き取り作業は美肌作りには欠かせません!

内側としては、生活のリズムが崩れないようにしています。自律神経が整うと体調が良くなり、食事も美味しく食べられますよね。

高価な食材ではなくて、その時期のお手頃な旬のものをバランス良く料理に使っています。いろいろ考えるのが無理なときは、色で考えています。白、黒、茶、赤、黄、緑が一日のなかで摂れるようにという感じです。色別の食材を思い浮かべて見てください。結構納得いきますよ。

それから、たくさん食べないこと。特に味の濃いもの、油っぽいものは注意しています。

あと、のんきに構えるように心がけています。いろいろな悩みは尽きませんが、悪い面ばかりを気にしすぎて苦しんでしまわずに、苦労が無かったら気が付かなかったこと等を考えています。

そうすると前向きな気持ちになって、何だか苦労に感謝の気持ちがわいてくることも結構あります。

それから、寝る二時間前から飲んだり食べたりしてません。若いときは遅くまで起きて?んだり食べたりして夜を楽しむ時も多かったのですが、若いときのように回復力が落ちてしまって胃腸が弱った今は、これが慣れてしまうと快調になります。朝がスッキリと目覚められて、お腹がすいて朝ご飯が美味しく食べられるのです。これは子育てにとっても効果がありました!

美肌の記事からちょっとそれてしまったようですが、中側からも外側からも輝けることで真の美肌をゲットできるなと実感しています。

お風呂と口に入るもの

ズボラな私でも毎日行っている綺麗な肌を保つための方法をお伝えさせて頂きます。本当に難しいものは全くなく誰にでも実践してもらいやすいかと思います。

①お風呂:時間に余裕のある時や生理ではない時のみ、半身浴を行うようにしています。半身浴と言っても私のやり方はかなり大雑把で、ただ少なめのお湯に浸かるだけです。

前まではゲームや本を持って入ったりしていましたが、現在は趣味の書き物をしながら入浴しています。そんなに記事を仕上げる速度が速いわけではないので1、2記事書いてるだけでもかなり汗をかきます。無理をするとめまいのような症状を起こした事があるので出来るだけ長湯はやめています。

本当は入浴剤などを使用したいのですが、家族も使うのでやめてくれと言われているのでできません。稀にバスソルトを使用しています。

あとお金に余裕があれば時々銭湯に行ったりしています。家のお風呂で足を伸ばせない訳ではないのですが、色んなお風呂があって楽しめ、ゆっくり浸かるのが楽しく気分的にも開放感があります。

デメリットとしては時間に余裕がないので毎日継続的には出来ない事、銭湯通いもご褒美程度にしか行けません。

②飲み物:私は甘い飲み物が好きではないので基本的にお茶か水のみ飲むようにしています。家は姉の影響でルイボスティーを飲んでいます。ちょっとクセはありますがルイボスティーは女性の為のお茶で体にとても良いそうです。

職場でもマイボトルにルイボスティーや時々ごぼう茶やコーン茶などを入れトゥ飲むようにしています。冷たい飲み物は体に良くないと聞いたので、ホットかぬるま湯で飲むようにしています。

あとは豆乳を飲んだり、時々ココアを飲むようにしています。ココアは量を間違えなければ体に良いらしいので期間を決めて飲むようにしています。コーヒーショップに行ったら、栄養満点のスムージーやチアシード入りのドリンクを注文するようにしています。デメリットはお金がかかるくらいですね。

 

顔筋マッサージはたるみやしわの解消と潤いのある肌になれる

乾燥肌で歳をとるごとにフェイスラインがたるんできたように思うようになりました。

毎日丁寧に保湿化粧品を使って乾燥しないように気を付けていますが顔のたるみは抑えることができないので自分で対処していける方法を探していた時に自分の手を使って顔のマッサージをする顔筋マッサージを見つけました。

特別な道具はいらずやり方さえ覚えてしまえば自分の手だけで毎日どこでもできる顔筋マッサージに興味を持ち雑誌の記事を見ながら待行ってみると一度顔筋マッサージを行っただけでフェイスラインがスッキリとししわやホウレイ線も少し薄くなっていたので効果があると思い朝晩のスキンケアに必ず取り入れています。

顔筋マッサージは行ってみるととても簡単で朝晩自分が使用しているクリームなどを手に取り顔全体に軽く塗ってから指の腹を使って下から上に肌を持ち上げてマッサージしていきますがクリームが付いているのでかなり滑りがいいので簡単にできるのにたるみへの効果は抜群です。

下から上に持ち上げるだけでなく斜め上に指の腹で皮膚を持ち上げたりおでこのしわをののばしても効果があるので短時間にですがスキンケアの最後には必ず行っています。元々乾燥肌だったこともあり保湿重視のスキンケアを行っていましたが顔筋マッサージを行うと血行が良くなるのか肌も乾燥しにくくなりました。

顔筋マッサージを行う時はクリームやマッサージジェルを手に多めに取り少し手で温めてから使用していますが温めてからクリームを使うことで肌になじみやすく浸透しやすくなり乾燥肌の改善になっているのかもしれませんがたるみにも乾燥肌にもかなりの効果は期待できると思います。

エステに通えればもっと短期間にたるみやしわを少なくすることはできますが時間やお金の関係でエステには通えない方でも自宅でできるのにエステ級の効果がある顔筋マッサージなので肌の老化が気になる方は顔筋マッサージを行ってみると潤いのある柔らかい肌の自分と出会うことができます。

 

ゆでたまご肌の作り方

私は大学時代に友人から「〇〇ちゃんの肌、ゆでタマゴみたいだね!」と褒められてから、今まで多くの人に肌を褒められてきたことがちょっとした自慢です。

そんな私のゆでタマゴ肌の作り方を紹介したいと思います!

まずは多くの方が実行されているであろう、日焼けどめを塗ること(^ ^)

紫外線対策は夏だけでなく一年中と聞いてからは、毎日欠かすことなく塗るようにしています。

寝坊して眉毛すら描く時間がなくても、日焼け止めだけは絶対に塗るようにしています。

日焼け止めは日常とレジャーで必要なSPF・PA値をそれぞれ選択するようにし、あまり肌の負担にならないよう注意しています。

次に基礎化粧品の使い方ですが、この数年間いろいろな化粧水、乳液をジプシーしてきましたが、肌ケアの最後はオイルで蓋をすることは続けています(^ ^)

私が使っているオイルはハーバーのスクワランオイルで、化粧水をたっぷりつけた後にその水分が残るうちにオイルをなじませ、乳化させるように丁寧に浸透させています。

そうすることで肌がムチッとして、水分が蓄えられた状態になるように感じます。

3つ目は鉄分、マルチビタミン等の栄養補給をすることです(^ ^)

現在授乳中である為、食事からの栄養だけでは自分自身が空っぽになってしまうのではと危惧し、タブレットから栄養補給するようにしています。

特に鉄分は肌を形成する上で大切で、ビタミン類と一緒に摂ることで吸収率があがるそうなので、鉄分とマルチビタミンがひとつに含まれたものを選んでいます。(別々に選んでもいいのでしょうが、何錠も飲みたくないこと、経済的にひとつにまとまっている方がお得だという理由で私はそうしています^ ^)

最後に化粧をしない日を作ること。

現在は育児専念のため休職中ですが、久しぶりに会った友人に「毎日化粧をしない方が〇〇ちゃんのように肌がきれいでいられるのかもね」と言われたことで、化粧をすることはやはり肌の負担になるんだなぁと実感しました(^ ^)

仕事を再開するとスッピンでいることはなかなか難しくなるでしょうが、休日は肌もしっかり休ませてあげるようにしていくつもりです。

以上が私のゆでタマゴ肌の作り方です。これから年齢を重ねていくうえで、肌にも様々な変化が出てくると思いますが、臨機応変に創意工夫と努力を惜しまず、美肌を保っていきたいです。