ゆでたまご肌の作り方

私は大学時代に友人から「〇〇ちゃんの肌、ゆでタマゴみたいだね!」と褒められてから、今まで多くの人に肌を褒められてきたことがちょっとした自慢です。

そんな私のゆでタマゴ肌の作り方を紹介したいと思います!

まずは多くの方が実行されているであろう、日焼けどめを塗ること(^ ^)

紫外線対策は夏だけでなく一年中と聞いてからは、毎日欠かすことなく塗るようにしています。

寝坊して眉毛すら描く時間がなくても、日焼け止めだけは絶対に塗るようにしています。

日焼け止めは日常とレジャーで必要なSPF・PA値をそれぞれ選択するようにし、あまり肌の負担にならないよう注意しています。

次に基礎化粧品の使い方ですが、この数年間いろいろな化粧水、乳液をジプシーしてきましたが、肌ケアの最後はオイルで蓋をすることは続けています(^ ^)

私が使っているオイルはハーバーのスクワランオイルで、化粧水をたっぷりつけた後にその水分が残るうちにオイルをなじませ、乳化させるように丁寧に浸透させています。

そうすることで肌がムチッとして、水分が蓄えられた状態になるように感じます。

3つ目は鉄分、マルチビタミン等の栄養補給をすることです(^ ^)

現在授乳中である為、食事からの栄養だけでは自分自身が空っぽになってしまうのではと危惧し、タブレットから栄養補給するようにしています。

特に鉄分は肌を形成する上で大切で、ビタミン類と一緒に摂ることで吸収率があがるそうなので、鉄分とマルチビタミンがひとつに含まれたものを選んでいます。(別々に選んでもいいのでしょうが、何錠も飲みたくないこと、経済的にひとつにまとまっている方がお得だという理由で私はそうしています^ ^)

最後に化粧をしない日を作ること。

現在は育児専念のため休職中ですが、久しぶりに会った友人に「毎日化粧をしない方が〇〇ちゃんのように肌がきれいでいられるのかもね」と言われたことで、化粧をすることはやはり肌の負担になるんだなぁと実感しました(^ ^)

仕事を再開するとスッピンでいることはなかなか難しくなるでしょうが、休日は肌もしっかり休ませてあげるようにしていくつもりです。

以上が私のゆでタマゴ肌の作り方です。これから年齢を重ねていくうえで、肌にも様々な変化が出てくると思いますが、臨機応変に創意工夫と努力を惜しまず、美肌を保っていきたいです。